2015 新年のご挨拶

少し、挨拶が遅くなりましたがあけましておめでとうございます。


今年もよろしくお願い申し上げます。

 

今年も、仕事にマラソンに、バド指導に頑張りたいと思っております。

 

新年ニューイヤーといえば、マラソン、そんな記事の中に、面白い記事を見つけたので、ご紹介したいと思います。

 

”お正月になって2日目です。

 

 なんといっても今日は箱根駅伝があります。


 これって、大学生が長い距離を交代で走っているだけなのに、面白いですよね。
 

 なんでかな?
 

 そこに物語があるから。
 

 リアルな(リアルと思われる)物語が共感を生む。

 

 人が他人のために(この場合チームや仲間)一所懸命になっている姿は、感動する。
 

 感動っていうのは共感が起きるんですよね。
 

 その姿と自分事を重ねて、感動が生まれるんだな。

 

 というか、こんなふうに言葉にするとちょっと薄っぺらいな。
 

 箱根駅伝が多くの人たちに支持されている本当の価値は、言葉では説明できない。
 

 それは感じとるものだから。
 

 言葉にならない価値。
 

それが本当の価値なんだ。 ”

 

と言うものです。私がしている仕事にも似ている気がして引用させていただきました。

 

家庭にはそれぞれの物語がありますよね?そんな家族が住む場所

 

居場所にもストーリーがないといけないと思うんですよね・・・・・・・・

 

そんな物語のお手伝いをしたいです。

 

一生懸命お手伝いをさせていただいた結果、感動する空間が生まれれば

 

設計者として創り手としてこんなに嬉しいことはありません。

 

お客さんも家づくりに参加して頂いて、思い出にしていただきたい、世界で1つだけの住まいを、一緒に作り上げていきたい。

 

今年もストーリーを重要視しながら、お客様と完成を共感し喜びを感じる住宅を作っていければいいなと思っております。

 

今年もお客様の為に頑張りたいです。


本年も宜しく、おねがいいたします。