あけましておめでとうございます2014


皆様、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。今年は消費税が上がる年です。

建設業界(特に住宅産業)も大きな節目を迎えそうな感じがします。

また次の増税に備えての年となるため、第二の駆け込み受注合戦が始まることが予想されます。

そんな中でも、少しでも有益な情報を皆様に提供していきたいと思いますので今年も温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

 

さて新年最初のブログなので何を書こうか迷ったのですが、いい話があったので紹介します。

 

向かいの新築ビルに入ったオフィスで若者二人が掃除にいそしんでいる姿を確認。掃除の行き届いた綺麗なオフィスで働けるのは、中で働いている人々の地位の高さや能力の高さの問題ではなく彼らのような地道に働いている人たちの努力によることを再確認。

 

というものです。

 

地道に、いい言葉ですね。忙しさに流されている昨今、効率ばかり求めて動いてるように感じます。私も多少そういうところがあったかもしれません。仕事が流れ作業的な感覚で”いかに短時間で捌くか”みたいに仕事をしていた気がします。

しかしそれは悪いことではなくて、むしろ”お金を稼ぐ”という意味では有効なのです。

ただ、無から有を生む仕事の場合はどうでしょう??それは魅力的ですか?と問われたら???

効率からは魅力は生まれません。私たちの仕事は魅力を失ったらそれはただの住まう箱を提供する仕事になってしまいます。

お客様一人ひとりのライフデザインを提案していけるように努めたいです

かといって地道だけでは食べていけませんから.........

地道から魅力(=付加価値)を導く方程式を見出して解いていくようにしたいと思います。

 

そんなことを意識しながら、今年は自分自身の地道を再確認したくなりました。

 

長くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。