収納術

収納すること・・・・・・

 

収納と聞いてみなさんが、頭に思い浮かぶことはなんでしょうか?

 

押入、物置、納戸、ウォークインクローゼット、小屋裏収納、床下収納・・・・・・

 

いろんな呼び方があるものです。

 

これらは”物”を置く場所のことを指していて、実際その中をどう使うかが収納術なんです。

 

では今回はその一部を紹介いたします。

 

今回は細かく区切る、収納法です。収納室(庫)のなかの話です。

 

動線や収納室のお話は次回で・・・・・

 

みなさん、おなじみの「100均」での収納例です。もう実践してる方もいるかと思いますが、限られたスペースを最大限に使いましょう。

下駄箱の区切り方

一番上の取っ手のついたカゴには、
普段履かないようなビーサンなどを入れています。
カゴには中身がわかりやすいように、ラベリング

 

 

 

 

プラカゴを使った靴箱収  

縦長のプラカゴに

スリッパを立てて収納

 

 

洗濯機廻りも、用途を細かく区切って収納!!!

 

すっきりですね!

 

 

乱雑になりやすい洗面台の収納も、

 

ケースで区切れば結構な収納力です。

 

これにラベリングすれば何処に何があるか、一目了然ですね

 

 

 

   食品庫もすっきり整頓!!!

 

   段で用途を分けると使いやすいです。

 

 

  お店の様な棚の配置にしても面白いかも!

 

 

  きれいで解りやすいですよね

 

 

     細長いクローゼットも区切り方次第で

 

     こんなにスッキリ、しかもオシャレ!!!

 

  モノの使い方次第で、

 

こんなにもオシャレにディスプレイ出来ちゃうんです。

 

みなさんのセンスで今日からコツコツと、

 

収納術を楽しみましょう!

 

 

  次回に続きます。