上棟

先日、仲間の上棟に応援にいってきました。

 

場所は千葉県の袖ヶ浦です。

 

アクアラインを通ってすぐのところでした。

 

木造2階建てですが、少し特殊な工法だったので材木の量が半端じゃなかったです!!!

45坪ぐらいの広さでしたでしょうか?

大工さん6人、一生懸命木を組む姿は、まさに匠の人たちでした。

そんな匠6人でも、1日で組むのは大変だと言っていました。

「普通の家ならこの材木量の半分くらいなんじゃないかな~~~???」と言っておりました。

 

お施主様、設計者のこだわりがぶつかり合い、この構造美が生まれたんだな~~と思いました。

 

午後からは雨が降り出し、作業が思い通りにいかず組みきることはできませんでした。

この家の全貌はまた後日、組みあがったらまた見に行きたいと思っております。

 

職人さんは大変でしょうが、きっとこの家が竣工した時には皆、やってよかった。

自分の技を発揮できた!と胸を張って言えるような家になるでしょう。

 

そんな匂いが漂う現場でした。

 

棟梁、設計者の方はトラブルに負けずにがんばってほしいです。