断熱材について

断熱材は、家の中の「快適さ」を上げるために、外の寒さ、暑さを家の中に
入れないようにするための住宅建材です。

また、建物の中で暖房や冷房をした熱を外に逃がしにくくする効果が高く、
 近年言われる「省エネ」の住宅にするためにはなくてはならない住宅建材となりました。

家の断熱性を上げるために使われる断熱材ですが、
その原理は、
 熱を伝えにくい空気を繊維や発泡樹脂などを使って固定し、
 熱の移動を防ぐようになっています。

 

上記が断熱材のおもな性能、役割です。ではどんな工法があって実際はどんな種類のものがあるのか、記していきたいと思います。

 

まずは工法から

 

壁の外張り断熱と充填断熱の違い

  

外張り断熱(外断熱)
 
外張り断熱(外断熱)とは、読んで字のごとく、
断熱材を柱や梁などの構造躯体の外側に張りあげる方法です。
 

◎外張り断熱のメリット!

 

構造躯体を家の中の空間に入れるので、屋外の過酷な環境から守ることができるので、
 充填断熱と比較して構造材躯体が長持ちするといわれています。

また、気密がとりやすく(家の隙間を小さくすることができ)断熱材が取り付けやすいため、
施工するときのミスが少なくなります。

また、構造躯体の外側に断熱材を施工しますので、
比較的施工が容易で、長期間にわたって、
気密性が確保できる可能性が高いです。

 

△外張り断熱のデメリット・・・

 

外張り断熱は、構造躯体の外側に断熱材を取り付けますので、
 厚い断熱材は取り付けできません。(30mm程度が一般的です)

簡単に言うと、断熱できる限界があるのです。

 

外張断熱だと重たい壁が使えないなど言われることがありますが、
これは、重たい壁によって外壁が垂れさがってくる可能性を指摘したものだと
思いますが、
長い専用のビスなどを使い、決められた間隔で留め付けていけば
それほど問題となる訳ではないようです。

ただ、『専用のビスを使い決められた間隔で留める』施工が
しっかりと行われていることが重要です。

 

充填断熱

 

充填断熱とは、柱の間に断熱材を入れる方法です。


◎ 充填断熱のメリット

 

もともと空間となっている柱の間に断熱材を入れるため、
 外張り断熱と比較すると厚い断熱材を入れることができます。

また繊維系の断熱材など安価な断熱材を使用することで、
 建築コストを抑えることも可能です。
ただ、鉄骨造は構造材が鉄のため、外の寒さを室内に伝えてしまい、
 熱逃げや結露などを誘発してしまいます。


 △ 充填断熱のデメリット

 

充填断熱は、断熱材と気密の施工面で注意が比較的難しいです。
たとえば、筋交いがある場合、筋交いが断熱性能を落とす原因となります。

というのも、木は鉄やコンクリートに比べると熱は通しにくいのですが、
断熱材と比較すると、2.5倍以上熱を通しやすい材料です。
そのため、目標の断熱性能を確保するためには少し工夫が必要
施工は簡単ではありません。

 

工法は大きく2つに分けられます。お互い一長一短はありますので1人1人の住まい方に合わせた断熱計画が必要となります。

 

次は種類について・・・・・・・

 


<自然系>

 

・健康や環境には好ましいが、材料コストが高くなる面も。
 
 
セルロースファイバー(吹込み)              
 
  新聞古紙が主原料。古新聞を粉砕し綿状にしたリサイクルエコロジー製品。
 吸放湿がよいので気密シートがなくても結露の心配もなし。
 吸音性にも優れ、防虫効果もある。
 自然系断熱材の中ではローコストな製品。次世代のエコ断熱材の本命として期待されている。 
   
 
・軽量軟質木質繊維ボード
 
  原料は木質繊維でリサイクルのエコロジー製品。廃材などを利用。
 断熱性能は高性能グラスウールより若干劣るものの吸放湿が良い。
 現在の価格はグラスウールの約3倍。

 


<プラスチック系>

 断熱性は高いが、石油化学製品であるため、健康や環境面に問題も。

 

 ・ポリスチレンフォーム
 
  ・ビーズ法
原料はポリスチレン樹脂と発泡剤。いわゆる発砲スチロール。
 耐水性があり、軽くて緩衝性の高い断熱材。
 「Expanded Poly-Styrene」の頭文字をとって「EPS」とも呼ばれる。
 

・押出し法・・・
原料はポリスチレン樹脂と難燃材、発泡剤。押出しながら成形。
ビーズ法よりも断熱性、耐圧性、耐候性に優れ、吸水・吸湿性熱伝導性が小さいことが特徴で外張り断熱によく使用されている。
 基礎の外断熱に使用すする場合は、シロアリ対策が必要。 
   
 
・硬質ウレタンフォーム
 
  プラスチック発泡体(ポリウレタン樹脂)。
 外張り断熱の定番品。押出ポリスチレンより熱伝導率が低い(断熱性能が高い)。
シロアリの被害を受けやすいので、基礎断熱に使用する場合は対策が必要。難燃剤が含まれているが燃える性質がある。燃焼時に有毒なシアンガスが発生。 
   
 
・高発泡ポリエチレン
 
  ポリエチレン樹脂に発泡剤を混ぜた断熱材。他の石油系断熱材より柔軟性に優れ壁や柱など充填しやすい利点がある。 
   
 
・フェノールフォーム
 
  優れた耐熱性と汎用性を併せもつ。
 特に防火性に優れ、炎を当てても炭化するだけで煙や有毒ガスの発生がほとんどなく、不燃・準不燃材料の認定を得ている。
 断熱性能も高く、透湿係数は低い。

 

<鉱物系>

ガラスなどのリサイクル製品が多い
 
 
・グラスウール
 
  ガラスを繊維状にしたもの。マットやボードなど。
 安く、燃えにくく、白蟻がつきにくいことが利点。
 回収された空き瓶や工場の廃棄ガラスなどのリサイクル製品。
 結露対策には、気密などの確実な計画と施工が必要。 
   
 
・ロックウール
 
  玄武岩などを繊維状にしたもの。
 軽くて、耐久性や耐火性、吸音性がある。
 性能や価格はグラスウールとほぼ同等。 
   
 
・発泡ガラス
 
  ガラスを炭素で発泡させたもの。輸入品のみ。
 難燃性・耐水性・耐薬品性に優れ、シロアリにも強いため、地下室や基礎の外断熱に適している。燃焼ガスの毒性が極めて少ない。
 高価(高性能グラスウールの数十倍)。

 

以上代表的なものをあげてみました。

 

種類・工法などたくさんある中で凪工房は皆様のプランにあった断熱計画を提案させていただいております。

お気軽にお問い合わせください。

快適な住空間をご提供いたします。